結局どうなる?!育成就労制度技
能実習制度廃止に伴う今後の外国人雇用について

  • Top
  • セミナー
  • 結局どうなる?!育成就労制度技
    能実習制度廃止に伴う今後の外国人雇用について
アーカイブ
結局どうなる?!育成就労制度技<br>能実習制度廃止に伴う今後の外国人雇用について

概要

200社以上の外国人雇用に関与している行政書士の先生に育成就労制度と今後の外国人雇用について解説していただきます!

●日本の生産労働人口の減少と外国人雇用の必要性
●育成就労制度の変更のポイント
●法改正と活動できる在留資格の解説
●複数在留資格が共存できる仕組みづくりについて

こんな方におすすめ

・人事ご担当者様
・育成就労制度のポイントについて知りたい方
・今後の外国人雇用についてのヒントが欲しい方
・今後外国籍人材の活用を考えている方

登壇者

行政書士法人 HR Bridge国際法務事務所 行政書士 川本 剛氏アメリカで10年居住。日本に帰国後、同志社大学法学部を卒業し、その後同大学院にて法学修士号を取得。
司法書士事務所、会計事務所、コンサル会社での経験を経て2010年に個人行政書士事務所を創業し、2022年に行政書士法人HR BRIDGE国際法務事務所として法人化。
現在は、業務経歴を活かして、中小企業から大手上場企業の外国籍社員の雇用スキームの構築及び年間1,000件以上の在留資格申請を受任。

Form お申し込みフォーム

    個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧ください