人が集まらない求人の5つの特徴と人手不足の解決方法を紹介

採用改善
公開日:24.03.06/更新日:24.03.25
人が集まらない求人の5つの特徴と人手不足の解決方法を紹介

「求人を出しても人が集まらない」「応募があってもミスマッチが発生して雇用に繋がらない」といった悩みをお持ちの企業様も多いのではないでしょうか。

求人に人が集まらないのにはいくつか原因があります。解決するには、求人応募が少ない原因をしっかりと把握し、改善していく必要があります。この記事では、人が集まらない求人の特徴と、解決方法を紹介いたします。

また、製造業・工場で人材派遣をご検討の企業様は、製造業特化の人材派遣会社「キャリアリンクファクトリー」にお任せ下さい。全国540社以上の派遣実績・経験から企業様に適した人材を迅速にご案内いたします。ご依頼・ご相談はお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。サービスの詳細については下記ページをご覧ください。

製造業の人材派遣 若手人材を大人数派遣
日本人材のチーム派遣 週5勤務やフルタイム派遣も対応

人手不足に悩んでいる企業はどれくらいあるのか?

東京商工会議所で行われた「人手不足の状況および多様な人材の活躍等に関する調査(2023年9月28日)」 によると、「人手不足」との回答した企業が68.0%で、2015年の調査実施以降、最大となっております。

そのうち、人手不足の影響で「事業運営に支障」と回答した企業は57.2%にもおよび、多くの企業が深刻な人手不足の状況に陥っていることがわかります。

人材確保に向けた取組として、「賃上げの実施、募集賃金の引上げ」(72.5%)、「ワークライフバランスの推進」(38.1%)を多くの企業が進めているものの、課題の解決には至っていない状況です。

参考:「人手不足の状況および多様な人材の活躍等に関する調査」 の集計結果について ~中小企業の人手不足は7割近くで過去最大、 8割強が仕事と育児の両立推進が必要と感じているも約半数が十分取り組めていないと回答~|調査|調査・ガイドライン |東京商工会議所

求人を出しても人が集まらない理由

多くの企業が人手不足に陥っており、求人を出しても人が集まらない原因として、日本の15歳~64歳の人口を示す「生産年齢人口」の減少が挙げられます。

総務省発表の「令和4年版 情報通信白書|生産年齢人口の減少」によると、生産年齢人口は1995年の8,716万人をピークに、2022年には5,978万人(1995年比▲2,738万人)まで減少している状況です。更に2050年には5,275万人になると推測されており、今後ますますの生産年齢人口減少が想定されます。

生産年齢人口の減少が、求人を出しても人がなかなか集まらないといった状況に繋がっているのです。

参考:総務省|令和4年版 情報通信白書|生産年齢人口の減少

人が集まらない求人の5つの特徴

人が集まらない求人の5つの特徴

求人を出しても応募が来ないのには理由があります。ここでは、人が集まらない求人の特徴を5つ紹介いたします。

仕事の内容がわかりにくい

求人に人を集めるには、仕事内容を明確に記載しなければなりません。求職者は仕事の内容を「求人票」や「求人広告」などで確認し、求人応募を行うかを考えます。

仕事の内容が求職者に伝わらないと、応募する動機も生まれにくく、求人応募に繋がりません。仕事内容や企業についての情報が不足している場合、求職者は内容が把握できず、「具体的な業務内容や、求められるレベルがわからない」という不安を感じます。

また、曖昧な表現や情報が不足していると、「適当な企業」という印象を持たれる恐れもあります。仕事の内容や企業情報は可能な限り明確かつ具体的に提示し、まずは求職者にしっかりと伝えていきましょう。

求人内容に魅力が少ない

仕事内容や企業情報が明確になっていても、求人内容に魅力が少ないと人が集まりません。

求人内容の魅力とは、求職者にとってメリットに感じる部分です。例えば、作業環境・教育体制・職場の雰囲気・キャリアパスなどが該当します。自社の強みをしっかりと提示し、求職者に魅力を伝えていきましょう。

同業他社の求人より条件が劣っている

求職者は給与や福利厚生、休日日数などの雇用条件を重視しています。これらの要素が不明確であったり、魅力的でないと感じる場合には、求職者の応募意欲が低下します。同業他社や仕事内容が類似する求人と比較して、劣っていると見受けられる場合は、改善の余地があると考えられます。

応募できる条件が厳しい

応募条件が厳しすぎると、条件にマッチする応募者が減少し、応募数が減ってしまいます。また、条件を満たしている応募者からも、その厳しさに敬遠されてしまい、条件が寛大な別の求人に応募が流れてしまうケースも考えられます。

ただし、職務に専門的なスキルが必要な場合、条件を満たさない人材を採用すると、ミスマッチが発生し、業務に支障をきたす可能性があります。したがって、自社が求める人物像のレベルと条件の厳しさのバランスに注意して求人を作成することが重要です。

求人内容と媒体がマッチしていない

求人媒体は様々な種類がありますが、それぞれに特徴や強みがあります。求人媒体を選定する際、欲しい人材のターゲット層がその媒体を見ているかどうかを考慮することが重要です。

例えば、若者の求人をしたい場合に、若者離れが進む傾向にある新聞広告に求人を掲載しても、効果的ではありません。主婦層をターゲットとした求人を新卒サイトに掲載しても、閲覧する人の層が異なるため、効果は薄いと考えられます。

性別、年齢、業種などの求人条件を明確にし、求める人材のターゲット層と求人媒体がマッチしているか確認してみましょう。

求人に人が集まらないときの解決方法

求人に人が集まらないときの解決方法

人手不足で悩む企業が多い一方で、転職したいと希望する人は増え続けています。総務省の調査によると、2022年の転職等平均希望者数は、前年から71万人増え、968万人となりました。

このことから、転職市場は活発になっていると考えられます。また、求人内容を見直しすることで、求人に人が集まらないという課題は解決できる可能性はあります。ここでは、求人に人が集まらない際の解決方法を4つ紹介いたします。

仕事内容や職場の魅力をわかりやすく伝える

仕事内容や職場の魅力を求職者にわかりやすく伝えることは、求人の応募を増加させるために重要です。山形労働局がハローワーク利用者に対して行った就職活動に関するアンケートによると、求人の応募で重要視する内容は以下の通りです。

  • 求人応募の重要項目
  • 1位:仕事の内容(18.4%)
  • 2位:就業場所(15.4%)
  • 3位:賃金:(10.4%)
  • 4位:休日等:(10.3%)

引用:県内ハローワーク利用者に対するアンケート調査を実施~応募にあたり最も重要視する求人票の項目は「仕事の内容」~ | 山形労働局

仕事内容を重要視している求職者は最も多く、重要なポイントであることがわかります。具体的な仕事内容を明確に伝えることで、求職者は「入社後の自分の姿」をイメージしやすくなり、就業に対するモチベーションも高まります。

仕事内容や職場の魅力をわかりやすく伝えるためには、求職者の目線に立ち、自社の情報を発信することが求められます。

例えば、実際の職場の写真や動画、働いている人のインタビューやキャリア形成などを掲載するのも有効的です。職場の雰囲気や仕事内容が伝わりやすく、将来のキャリア形成が具体的にイメージしやすくなります。

専門用語や難しい言葉を使わず、なるべく具体的に仕事内容や職場の魅力を伝える工夫をしていきましょう。

同業他社の求人条件と比較し条件を見直す

求人条件には、給与・勤務場所・休日・勤務時間・福利厚生など様々な条件が存在します。これらは求職者が応募をするにあたり、非常に重要視されるポイントです。

なるべく具体的に記載できるよう、記載漏れは無いかをチェックし、給与や休日などは具体的な数字で示し、勤務地や福利厚生は、求職者が見てもわかりやすいように記載します。

仕事内容が類似している求人や、同業他社の求人条件と比べ、強みを持った条件となっているかを確認しつつ、見直ししていきましょう。

求人を掲載する媒体を見直しする

求人掲載には様々な方法があり、媒体には様々な種類と特徴があります。ターゲットとして考えている求職者と媒体がアンマッチしている場合、求人に人が集まらず、応募があってもミスマッチが発生してしまいます。

それぞれの特徴を掴み、ターゲットとして考えている求職者を集めるのに、効果的な方法であるか見直しをしていきましょう。

人材派遣サービスを利用する

求人内容を工夫しても人が集まらない、自社での求人対応が難しいといった場合には、人材派遣サービスの活用が効果的です。求人から雇用までを人材派遣会社が行うため、採用や雇用の手間を減らして効率的に人手不足を解消します。

期間契約での人材派遣や、正社員候補の紹介など、受け入れ企業のニーズに合わせたサービスの提案が可能です。

まとめ

日本の生産年齢人口は年々減少しており、今後更にその影響は拡大する見通しです。多くの企業が人手不足に課題を感じており、事業運営に支障をきたしています。

そのような環境の中で求人応募を増やしていくには、求人に人が集まらない原因を考え、1つ1つ解決していくことが重要です。

また、自社での対応が難しい場合には、人材派遣サービスの活用がおすすめです。受け入れ企業のニーズに沿った人材を派遣し、人手不足の解消が期待できるからです。

キャリアリンクファクトリーでは、お客様から人材需要を確認し、貴社の要望に沿った人材を国内・海外合わせてネットワークを駆使して募集します。当社にて1次選考したスタッフを貴社にご案内します。ミスマッチ防止のため「オンライン面談」もしくは「現地で事前面談」を実施していただき、双方の了承を得て申請手続きを開始します。人材派遣をご検討中でしたら、ぜひお問い合わせください。