特定技能インドネシア人が急増する実態と企業メリット・注意点を紹介

外国人雇用
公開日:23.12.30/更新日:24.02.16
特定技能インドネシア人が急増する実態と企業メリット・注意点を紹介

人手不足の課題を解決するため、近年では特定技能制度を活用したインドネシア人の受け入れが注目されております。インドネシアの人口は2億6700万人と日本の倍以上で、平均年齢は29歳で、性格もフレンドリーな方が多く、様々な業界で人気です。

特定技能制度が導入され、インドネシア人の受け入れは増加傾向にあります。しかし、インドネシア人の受け入れが進む一方で、特定技能制度を活用した受け入れに関するルールやガイドラインはやや複雑で特定技能制度の活用を踏みとどまっている企業も多いかと思われます。

また、イスラム教が大半であるため、文化的違いから受け入れるかどうか不安に感じている企業も少なくないはずです。

そこで本記事では、特定技能の在留資格を持つインドネシア人の受け入れが進む背景と影響や、インドネシア人を受け入れるメリットや注意点を紹介いたします。

また、製造業・工場でインドネシア人の特定技能をご検討の企業様は、製造業特化の人材派遣会社「キャリアリンクファクトリー」にお任せ下さい。全国540社以上の派遣実績・経験から企業様に適した人材を迅速にご案内いたします。ご依頼・ご相談はお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。サービスの詳細については下記ページをご覧ください。

製造業の人材派遣 若手人材を大人数派遣

日本の製造業で増加する特定技能インドネシア人の実態

日本の製造業で増加する特定技能インドネシア人の実態

厚生労働省発表の「外国人雇用状況」の届出状況まとめによると、日本で働くインドネシア人労働者は令和4年10月時点で約7.8万人、前年対比で約2.5万人増の148%と急増しております。この増加率は外国人労働者全体で最も高い実態です。

参考:「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(令和4年10月末現在)|厚生労働省

インドネシア人が増加する背景

冒頭でもお伝えした通り、インドネシア人が増加する背景には、特定技能制度の活用があります。令和5年6月時点で、特定技能によって在留するインドネシア人は約2.5万人となり、前年対比で約2.7倍と急成長しております。

特定技能制度で在留している外国人全体での割合では、インドネシア人はベトナム人に次ぐ第2位となり、全体の約15%を占めているのです。

また、インドネシア人労働者は、日本文化への親近感も日本の職場環境に適しております。技能面だけでなく、文化的・社会的な側面でも日本の製造業界にスムーズに溶け込み、貴重な人材としての役割を果たしています。

特定技能インドネシア人が増加する理由

特定技能を持つインドネシア人が増加する理由は、日本の労働市場における深刻な人手不足の影響が考えられます。

日本の製造業における国内労働者数は、2002年の約1,202万人から、2019年には約1,063万人となり、約20年間で約139万人もの労働者が減少しています。特に若年層の労働者の減少が顕著で​、製造業における人材不足は年々深刻化している実態です。その影響で、近年では技術の継承が困難となり、技能レベルが低下する企業が増加しております。

こうした状況を改善するべく、特定技能の在留資格を持つ外国人が注目されており、日本と相性の良いインドネシア人への需要が高まっています。

特定技能インドネシア人の受け入れするメリット

メリット

ここでは、特定技能の在留資格を持つインドネシア人を受け入れるメリットについて紹介いたします。

インドネシア人が日本へ良い印象を持っている(親日的)

インドネシアには多くの日系企業が存在し、日本文化に対して強い親近感を持っています。日本のアニメや漫画、食文化、エンターテインメントなどが広く知られており、日本で働いた経験や日本語学習は母国に帰国した後のキャリア構築に繋がるため、日本語学習への関心も高い傾向です。

インドネシア人は日本での生活と仕事に対して前向きな姿勢を示し、仕事に対する考え方も日本の働き方に類似した価値観を持っています。この文化的親近感は、職場でのスムーズなコミュニケーションを期待できます。

若者労働力の受け入れが期待できる

インドネシアは人口約2.7億人が居住している世界第4位の人口大国で、更に総人口の約5割が30歳未満と人口年齢がとても若い国です。

インドネシア人の受け入れを進めることで、日本の労働力不足を補うだけでなく、多くの若者の受け入れが期待できるのです。少子高齢化が進む日本にとって、とても相性の良い国であるといえるでしょう。

インドネシア政府が特定技能人材の日本への送り出しをサポート

インドネシア政府は日本への特定技能人材の派遣に前向きな姿勢で、2023年までに7万人まで増加させる目標を立てております。

この目標達成のために日本語能力試験への支援なども行っており、日本企業へインドネシア人の受け入れを促進している実態です。

インドネシア政府の積極的な支援により、即戦力となるインドネシア人は今後ますますの増加が予想されます。

特定技能インドネシア人を受け入れる際の注意点

特定技能インドネシア人を受け入れる際の注意点

特定技能制度でインドネシア人の受け入れは、他の国々と異なる特有の手順が存在します。また、インドネシア人には日本とは異なる文化があり、注意や配慮が必要です。

インドネシア特有のシステム「IPKOL」と「SISKOTKLN」

インドネシアからの労働者を呼び寄せる際、まずはインドネシア政府が管理する求人・求職のための労働市場情報システム(IPKOL)への登録が必要です。

雇用契約を結んだ後は、在留期間認定証明書を地方入国在留管理局に申請し、交付された証明書をインドネシア労働者に送ります。

その後、海外労働者管理サービスシステム(SISKOTKLN)に登録し、移住労働者証(E・KTKLN)が発行されます。インドネシア人がこの証を在日インドネシア大使館に提出し、査証を申請してから日本に入国します。

日本とインドネシアの文化的な違い

インドネシアは数千の島々から成っており、異なる民族・宗教・言語が共存する多様性を持った国です。そのため、異なる民族背景を持つ人々とのコミュニケーションに慣れており、異国での生活や就労においてスムーズに慣れ親しみやすい傾向です。

しかし、育った環境や宗教により、文化や価値観の違いは少なからず存在します。インドネシア人を含む外国人を受け入れする際には、文化的差異の克服と適切なサポートの提供が重要です。インドネシアには独自の文化があり、サポートなしでは戸惑うことがあります。

日本で快適に生活し、働くためには、受け入れ先企業の配慮が必要です。これらの対策は、インドネシア人労働者が日本の職場で快適に働き、その能力を最大限に発揮するための基盤を築くことにつながります。

まとめ

特定技能制度でインドネシア人の受け入れは、日本企業が抱える深刻な人手不足の課題を解決できる有効的な手段です。

また、インドネシア人の日本文化への親近感や関心は、日本の職場にスムーズに溶け込むための助けになります。結果的にコミュニケーションを上手く取り合うことができ、生産性と競争力を高めることが期待されます。

また、インドネシア人の受け入れには、インドネシア政府が管理する求人・求職のための労働市場情報システムがあることを留意しておきましょう。

さらに、特定技能制度は、候補者の選定や在留資格の手続き、住居の確保といった複雑な要素を含んでおり、受け入れ企業にとっては大きな負担になる可能性があります。

そのため自社での対応が難しい場合には、人材紹介会社への相談がおすすめです。受け入れニーズに応じての提案を受けられるほか、特定技能制度を用いたインドネシア人の受け入れに関連する作業負担などを軽減することができます。

キャリアリンクファクトリーでは、特定技能のサービスを提供しております。人材不足で特定技能外国人の受け入れをご検討中の場合、まずはお気軽にご相談ください。

あわせて読みたい
特定技能の受け入れ費用はどのくらい?費用詳細や抑えるポイントや注意点を紹介
特定技能の受け入れ費用はどのくらい?費用詳細や抑えるポイントや注意点を紹介
特定技能の在留資格を活用し、外国人労働者の受入を進めたいと考えている企業も多いのではないでしょうか。 特定技能は国内人材の確保が困難な状況にある産業分野において、一定の専門性・技能を有する外国人の受入を目的に2019年に…
あわせて読みたい
インドネシア人の出稼ぎ労働者が日本で急増している背景と雇用するメリットを紹介
インドネシア人の出稼ぎ労働者が日本で急増している背景と雇用するメリットを紹介
日本で働くインドネシア人が近年急増しております。厚生労働省発表の「外国人雇用状況」の届出状況まとめによると、日本で働くインドネシア人労働者は令和4年10月時点で約7.8万人となっております。 インドネシア人の数は外国人労…